業者に給湯器の交換を依頼する前に|サイズを決めよう

地元で人気のお店を利用

女性

給湯器は年数を経過すると、燃費が悪くなったり、突然故障をする可能性があります。専門業者に依頼して新しい商品を交換することで、光熱費を大幅に削減できます。24時間365日対応のお店は、迅速で丁寧な応対が特徴です。

詳しく見る

対応でも見極めて

主婦

給湯器の交換をするときは、メーカーに依頼する、ガス会社や電気会社に依頼する、中立の業者に依頼するという方法が考えられます。中立業者は安いですが質がピンキリなので、対応や実績の有無、見積もりの明朗さなとで比較して考えると良いでしょう。

詳しく見る

冬場に故障が多い住宅設備

作業員

冬場の給湯器は故障が多いため、交換を検討するケースが増えます。そのため、故障の疑いが生じたら、早めに検討を行うことが大切です。業者によって仕入れ価格が異なるため、複数の業者から見積もりを取って比較する必要があります。

詳しく見る

買い替えの基礎知識

住宅

お湯が出なくなるなどのトラブルが発生したときに便利なのは、即日対応も可能な業者による、給湯器の交換サービスです。また新製品を購入したいときには、商品ラインナップが豊富な業者や、直接相談ができるショールームが役立つでしょう。

詳しく見る

ネットで申し込み

作業員

町のガス屋さんが減っている中で、給湯器交換業者はインターネット上で探すことができるようになっています。中には、24時間体制でトラブルを受け付けている業者もあり、メインテナンスも含めて考えた場合、利用価値は高いといえます。

詳しく見る

適正サイズを選ぼう

作業員

家族の人数を伝えよう

給湯器は特に冬になるとその存在がありがたいものに感じます。しかし、長い間使用していると、温度が上がらなくなったり、湯量にムラが出たり湯が少なくなることがあります。平均的には10年程の使用状況で、このような故障の症状が現れる場合があり、給湯器の交換が必要になります。給湯器は住んでいる人数に比例してサイズを選ばなくてはなりません。独り暮らしの人が結婚して家庭を持つようになると、キッチンと浴室を同時に使う場合もあります。温められる湯量が多いほど交換する給湯器のサイズを大きくしなければなりません。サイズを間違えると独身の時には気が付かない悩みが出てきます。給湯器を交換する前に業者へ家族数を伝えておくと適正サイズを教えてくれます。給湯器は、一軒家と集合住宅でも選び方が異なります。一軒家の場合には家屋の裏側の壁面に取り付けたり、地面へ据え置きのものがあります。マンションでは玄関の横にあるスペースに、水道管やガス管と一緒に収納されています。マンションでは心配が少ないですが、一軒家の場合、冬場になると配管が凍って湯が出ないことがあります。寒冷地では配管が凍らないよう対策が必要です。関東でも雪が降ると朝一番で湯が出ないときがあるので配管が凍ることを認識しておきましょう。昼まで様子を見て不具合が出るようなら業者へ連絡してみましょう。新しい給湯器は省エネ設計なので地球にも経済的にもやさしくなります。定期的に交換をしてみましょう。